ネット通販と物流の最新事情

ネット通販と物流の最新事情

ネット通販と物流の最新事情 ネット通販やインターネット上で簡単にやり取りできるフリマアプリなどが盛況なのを受け、物流事情は以前と比べて激変しました。
以前は物流というと、商品の保管・輸送ができればそれで成り立っていましたが、ネット通販がこんなにまで主流となってくると、ただ届主の手元へ商品が届けばいいというものでもありません。
どれだけ早く届けてくれるか、どれだけ安全に届けてくれるかが物流会社を選定するときに重要であるのはもちろん、送り主が商品を送る際にどれだけ簡単に送ることができるか、いかに安く安全に送ることができるかも重視されるようになってきました。
その上、最近ではセキュリティ面も軽んずることはできず、送り主・届け先の住所が双方に明かされなくてもやりとりができるようなサービスもよく利用されています。
企業側も、ネット通販商品の保管・発送のニーズに応じられるように物流倉庫や庫内のマテハンなどの機器、作業人員の配置・求めるクオリティ等を変えていかなければならなくなりました。
ネット通販側でも自社の配送網の整備の乗り出すなど、既存の企業に頼らない考えも生まれています。
今後も業界内では激しい変化と競争が繰り広げられることが予想されます。

近年起こっているネット通販の物流問題

近年起こっているネット通販の物流問題 ネット通販は、世界じゅうに大きなインパクトをもたらし、今や生活になくてはならない存在となっています。
しかし、それに伴う物流においては、様々な問題が顕在化していることも事実です。主だったものをあげれば、通販件数の増加による物流の過密と、不在による再送のコストがあります。
ネット通販は、豊富な品ぞろえと共に、送料などの手数料も安く抑えられています。それだけに、利用者が右肩上がりになっており、とくに年末やホリデーシーズンになると、莫大な件数となって現れます。
それを1件1件配送しなければならないのですから、その手間と労力は甚大です。大手の企業では、優待会員向けに迅速配達をうたっているところも多く、物流へのプレッシャーは高まる一方です。
それにもかかわらず、本人が在宅していなければ、再び訪れなくてはなりません。配達の約2割が、そうした再送に関わるもので、国土交通省の試算では、年間9万人分の労働力が浪費されているのです。
こうした問題を受けて、民間共に施策が練られています。1つは、コンビニエンスストアや宅配ボックスの活用、他にも、受取における負担を減らしたユーザーに特典を設けようという動きもあります。
生活に欠かせない通販だからこそ、すべての人が物流への見直しを迫られているのです。

通販物流に関するお役立ちリンク

総合物流(ロジスティクス)ソリューションを提供する会社のサイト

通販・物流加工支援